TOP  >  CBDオイルについて  >  成分について

成分について

CBDオイルの成分について
CBDオイルの要とも言えるのが、製品名の由来にもなっている「カンナビジオール」と、ヘンプ(麻)の種からとれる「ヘンプシードオイル」です。
カンナビジオールについて知ることが、CBDオイルという製品そのものを正しく知ることになります。
CBD(カンナビジオール)、そしてCBDオイルの主要成分であるオリーブオイルについて、詳しくご紹介します。

 

■ ヘンプタッチの主なCBDオイル配合成分

カンナビジオール
カンナビジオール
産業用ヘンプ(麻)に含まれる薬効成分「カンナビノイド」のひとつであり、CBDとも呼ばれています。
ヘンプ(麻)と聞くと、身構えてしまう人もいるかもしれませんが、カンナビジオール(カンナビノイド)は、精神作用や毒性のない安全なものだということがわかっています。

そのため、産業用ヘンプの茎や種子から抽出されたCBDオイルは、サプリメントの先進国アメリカやヨーロッパではもちろんのこと、日本でもサプリメントや健康補助食品、健康食品の成分として認められ愛用されています。

  高血圧やメタボリックシンドローム、肥満や動脈硬化など、様々な疾患に関与していることが、世界各国から報告されており、今後さらに研究が進むであろう成分といわれています。

オリーブオイル
オリーブオイル
ビタミンE、オレイン酸を多く含み、アンチエイジング効果や、コレステロール値の低下、血圧の改善など体にうれしいはたらきがあるオリーブオイル。日本でも手に入りやすく、手軽に利用できるオイルのひとつですが、体にうれしい様々なはたらきを秘めた優等生でもあります。

オリーブの原産地である地中海沿岸の人々は、パスタやピザなどオリーブオイルを使った料理をよく食べますが、特に狭心症や心筋梗塞などの冠状動脈性心疾患の発症が少ないという報告があります。地中海地域の人々が健康なのは、オリーブオイルのおかげとも言われているのです。