TOP  >  CBDオイルについて  >  成分について  >  オリーブオイル

オリーブオイル

オリーブオイル

料理やスキンケア、ヘアケアなど幅広く親しまれているオリーブオイル。日本でも手に入りやすく、手軽に利用できるオイルのひとつですが、体にうれしい様々な栄養成分を秘めた優等生でもあります。オリーブオイルの性質や特徴、利用方法についてご紹介します。

■ オリーブオイルとは

オリーブオイルとは
地中海沿岸地域が原産のモクセイ科の樹木であるオリーブの果実から抽出されるのがオリーブオイルです。果実はオイル漬けにしてピクルスにしたり、葉はお茶として飲まれているなど、私たちの生活に身近な植物のひとつといえます。

■ オリーブオイルの香り

どんな食材にも合う、クセのないフルーティーな香りが特徴。加熱はもちろん、生のままでドレッシングやカルパッチョに使われることもあるなど、料理の立役者として存在感を発揮してくれる、すてきな香りのオイルです。
オリーブオイルの香り

■ オリーブオイルの成分

オリーブオイルの成分
オリーブオイルはビタミンA、D、Eを含んでおり、特に抗酸化作用のあるビタミンEが豊富なオイルです。 また、一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸を多く含むという特徴も持ち合わせています。

■ オリーブオイルの特徴

エイジングケア
エイジングケア
オリーブオイルはビタミンA,D,Eを多く含んでおり、特にビタミンEが豊富なオイルです。エイジングケアにもおすすめです。
シュウ酸塩が含まていない
シュウ酸塩が含まていない
オリーブオイルにはシュウ酸塩が含有されていません。シュウ酸塩は食物に対する過敏症を持つ方にアレルギー反応を起こす可能性があるとされています。小さなお子さまからお年寄りまで安心・安全に摂取することができます。


乾燥肌のケアや傷んだ髪に
乾燥肌のケアや傷んだ髪に
マッサージの際、アロマオイルとブレンドして使用するベースオイルとして利用されています。オリーブオイルは肌へなじみやすいため、特に乾燥肌に使用するとメリットがあります。
また、髪の毛に良い成分が含まれているため、ヘアケアに利用する人もいます。

地中海地域の人々の健康はオリーブオイルのおかげ?


ビタミンE、オレイン酸を多く含み、健康にも美容にもうれしいオリーブオイル。日本でも手に入りやすく、手軽に利用できるオイルのひとつですが、体にうれしい様々な可能性を秘めた優等生でもあります。

オリーブの原産地である地中海沿岸の人々は、パスタやピザなどオリーブオイルを使った料理をよく食べますが、地中海地域の人々が健康なのは、オリーブオイルのおかげとも言われているのです。
CBD(カンナビジオール)・オリーブオイル成分を含んだ
おすすめCBDオイルはこちら
CBD(カンナビジオール)・オリーブオイル成分を含んだおすすめCBDオイルはこちら
CBDオイル 3%濃度
価格:4,700円
SALE価格:3,995円
OFF:705 円 (15 %OFF)
CBDオイル 5%濃度
価格:6,980円
SALE価格:5,933円
OFF:1,047 円 (15 %OFF)